04
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    << >>

    スポンサーサイト

    --.--.-- *--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    里親募集ボランティアの人たち

    2009.05.14 *Thu
    090514.jpg

    ラッキーが我が家に来て、今日でちょうど2ヶ月。

    前の日記にも書きましたが、去年の暮れ頃から、家族となるワンコを探すために、譲渡会に行ったり、里親募集のホームページを見たりするうちに、いろいろなことを考えさせられました。

    まず、捨てられている犬たちの現状。
    かわいそうな写真やひどい動画をたくさん見ました。
    同じ人間として、ただただ申し訳ないという気持ちでいっぱいになりました。

    保健所で死を待つ犬たち。人間に裏切られ、捨てられても、人間が近づくとシッポを振って愛嬌を振りまいていた、あの子たちは今ごろどうしているの…。
    とてもとても落ち込みました。

    それでも、ボランティアの人たちの活動を見て勇気付けられ、たった1頭だけかもしれないけど、大切な命を養いたいと思いつつ、ある団体の譲渡会に行きました。
    そこで、私たちは次のような条件を説明しました。

     ・将来マンションに住むことも視野に入れると小型犬にしたい。
     ・家族として長く暮らしたいから、できるだけ若い子がいい。
     ・初心者なので、できるだけ飼いやすい元気な子がいい。

    帰ってきた答えは、「ここにいるのはみんな捨てられた犬ばかりで、そんな条件の良い子はいません。ここはペットショップじゃないんですから」と、ちょっとキツメに言われてしまいました。
    生涯、責任をもって暮らしたいからこそ、いろいろとこちらの要望を言ってしまったのですが、ちょっと誤解されてしまった感じでした。

    またまた落ち込みました。
    ただ、犬が好きだから、カワイイ犬と楽しく暮らしたいから…そんな甘い考えではダメなんじゃないか、自分たちに犬を飼う資格なんてないんじゃないか…って。

    ボランティアの人たちの真剣さや情熱には、頭が下がります。何も文句を言える立場にありません。
    ただ、その情熱が犬に対する愛情としてよりも、人間に対する裁きや批判のほうが強くなり、前面に出てきてしまうと、正直言ってちょっと弾き飛ばされてしまいそうに感じたのも事実です。

    (私たちが交流をもったほとんどの団体が、そうではありませんでした。また、上記の団体も、私たちの聞き方が悪かったか、あるいは譲渡会の現場で、忙しかったから、あるいは、その人がたまたま何か機嫌が悪かったというだけのことかもしれません)

    その一方で、実際に里親になって、ワンコたちとの日々を楽しくつづったブログ(たとえば「Chiroの足あと♪」)を読んでいくうちに、また気持ちが明るくなり、希望が出てきました。

    こういうこと(ブログなど)だったら、子供を3人育てながらでもできると思ったのです。
    少なくとも1ワンなら、家族として一生ずっと責任をもって愛することができるという自信はありましたから。

    それからまた「新しい家族探し」の日々に…。

    (つづく…)

    スポンサーサイト
    CATEGORY : 里親募集サイト
    THEME : 里親探し
    GENRE : ペット
    COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

    COMMENT

    そんな風に言わなくてもね・・・
    譲渡会でそんなことがあったんですね。
    Chiroの前に1件個人さんに申し込んだだけの、のぽぽん里親おかんがしたことのない体験ですv-12
    そんな風に言われたら、気持ちも飛んで行ってしまいそう~。ヒュゥ~v-474
    「救おう」としている方は一生懸命で、よい人が多いんだけどね・・・
    そんな体験を乗り越える?きっかけにChiroブログがなったのだったら凄く嬉しいですv-290

    Chirov-286ラッキーマパしゃん、ありがとうでちe-276
    2009/05/15(金) 15:27:45 | URL | Chiroおかん #gIYQI5Sw [Edit
    ボランティア団体方と里親になろうとしてる人達。
    きっと根本は同じですよね。
    でも、言葉のやり取りでの行き違いは、
    結構悲しく、心 倒れちゃいそうになりますねーー。
    読んでいてそう思いました。

    それでも、めげずに頑張れたラッキーマパさん達。
    そのお蔭でラッキー君が幸せになれたんですよね。
    周りでブログ見て喜んでる私にとって、
    そんなお話が聞けて、嬉しいです。
    2009/05/15(金) 21:07:25 | URL | しのちん #s5RVRKAk [Edit
    Chiroおかんsan
    Chiroおかんさん、そしてChiroちゃんまで、足跡を残していただき、大感謝でち。
    Chiro語、クセになりそうでち(゚゜;)バキッ\(--;
    2009/05/16(土) 00:30:33 | URL | ラッキーマパ #DwOngqZg [Edit
    しのちんsan
    ワンコたちを助けてくれているんですから、基本的には大感謝なんですけど、もう少しヒトにも優しいと、里親希望者も増えるような気がします。
    もちろん、いい加減なヒトが寄ってこないように、そんなヒトに飼われて、ワンコたちがまた不幸にならないようにという気持ちも分かりますけどね。
    2009/05/16(土) 00:34:26 | URL | ラッキーマパ #DwOngqZg [Edit

    Comment Form


    秘密にする
     

    TRACKBACK

    TrackBack List

    プロフィール

    ラッキーマパ

    Author:ラッキーマパ
    ラッキー命なママと、ママ命なパパと、食いもん命な♂4(ヒト3+イヌ1)









    カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -







    ブログ内検索



    フリーエリア



    Welcome



    Copyright © ビビリッ子・ラッキー里親日記 All Rights Reserved.
    テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。