05
    1
    3
    4
    5
    6
    9
    10
    12
    13
    17
    18
    19
    21
    22
    24
    25
    27
    28
    29
    30
    31
    << >>

    This Archive : 2009年05月

    スポンサーサイト

    --.--.-- *--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    手作り! ささみジャーキー

    2009.05.26 *Tue
    Chiroおかんさん直伝…っていうか、ただ勝手にパクっただけですけど(^_^; 
    ささみジャーキー、作ってみました。

    090526f.jpg


    作り方は、超カンタン!
    「ナポリの部屋」さんの2009年05月17日のブログに、
    Chiroおかんさんと作ったいろんな手作り料理・オヤツが、写真付きで載ってます。

    090526c.jpg

    ラッキー隊員、ひっしのマテ!

    090526d.jpg

    ラッキーは、これまでで最高レベルの喜びよう&食い付きで、
      興奮も頂点に達し、ジャンピングアタックや、家中駆け回り、
       おねだりチンチンなど、手持ち技をすべて繰り出してくれました。

    090526e.jpg

    特売で買った冷凍品を使えば市販のジャーキーよりずっと安くて、
    安全で、保存もきくし、多頭飼いの♂ヒトたちにもOK!

    しかも「手作ってる!」という喜びもそこはかとなく感じられる、
     超オススメの一品であります。(っていうか、もう皆さんいろいろやってるんでしょうけど…)

    090526a.jpg

    あーあ、ドッグフードには、もう見向きもしません。
    安く買ったのがどっさり残ってるというのに… (~ ~;)ウーン

    きなこボーロとか、他のものもチャレンジしたい!
    Chiroおかんさん、napoponさん、ありがとうワンでしたっ!

    スポンサーサイト
    COMMENT (12)  TRACKBACK (0) 

    朝のお勤め

    2009.05.23 *Sat
    いつもの森林公園。朝のお勤め(パトロール)に励むラッキー隊員。


    ラ)隊長、気をつけてください。アヤシイヤツがいるかもしれません!

    090523-2.jpg






    ラ)ムム、このあたりちょっとアヤシイ感じが・・・

    090523-1.jpg






    ラ)ふう・・・もう大丈夫。パトロール完了です、隊長!

    090523-3.jpg





    ラ)今日も素晴らしい1日ですね、隊長! 日本は平和だ!

    090523-4.jpg








        トンカントン…トンカントン…







    ラ)は? い、今の音は・・・ (゚_゚;)

    090523-5s.jpg







    いつもの工事の音だと思うけど・・・






    ラ)  (゚▽゚;)

    090523-6s.jpg












    ああ勇敢にも飼い主を守ろうと、思いっ切りリードを引っ張ってくれるラッキー隊員。

    090523-7s.jpg

    でもラッキー隊員、なんでシッポ下がりまくりなの・・・? 耳も反ってるし・・・

    COMMENT (8)  TRACKBACK (0) 

    絹さや収穫

    2009.05.20 *Wed
    090520a.jpg
    ラッキーと一緒に庭の絹さやを収穫

    090520b.jpg
                                 お味噌汁に入れて「頂きます!」

    090520c.jpg

    何でもない1日…。
    でも、ラッキーがいる。 これってなんだか、すごいことなんだなあと思うんです。

    COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

    朝からドッグラン

    2009.05.16 *Sat
    パパママが遅寝遅起きだったため、朝一の散歩が一方的にお流れとなり、がっかりのラッキー。そのかわり、午前中からドッグランに行くことに。
    とたんに大はしゃぎ→家中駆け回りモード全開。
    「おいおい、走り回るのはドッグランに行ってからにしておくれ!」

    090516_1.jpg

    090516_2.jpg

    初めの頃のビビラ(ビビリラッキー)はどこへやら。
    大きな子に追いかけられると、その腹いせに小さな子を追い掛け回すという、ずるがしこさも出てたラッキー。
    自分より小さな子を見つけては、吠えまくってます。
    本人は「遊ぼう」って言ってるんだろうけど、相手はとってもメーワクそうでした。

    090516_3.jpg

    それに、オヤツの匂いをかぎつけると、知らないパパさんやママさんでも、
    へーきでおねだりするというズーズーしさも出てきたねえ。

    やっと安心して自分を出せるようになったと喜んでいいのか、
    猫かぶり(ビジュアル的にはキツネかぶり)の裏の本性がじわりじわりと…うーむ、困ったもんだと悩むべきなのか…。

    090516_4.jpg

    同じ「保護センター出身」のマルコちゃんともお友達になりました。
    オモチャのイチゴ取りでは、ラッキーの2勝8敗ぐらい。
    シェルティの面影が残るマルコちゃんは、とっても美人さんです。
    また会えるといいね。
    COMMENT (6)  TRACKBACK (0) 

    新しい家族探し

    2009.05.15 *Fri
    090515.jpg

    ワンコを選ぶとき、最も大切にしたことは、我が家に来て、家族となり、ワンコ自身はもちろん、私たちもお互いに楽しく幸せに、生涯一緒に暮らせるかどうか、ということでした。

    そのために、譲渡会に行ったりホームページを見たりという日々が続きましたが、譲渡会は、どうしても近場に限られるので、家族探しは次第にネット中心になりました。

    里親募集のホームページではとくに、更新の早いサイトと、ワンコに関する情報が詳しく説明されているサイトをよく見ました。

    更新の早いサイトは、「いつでも里親募集中」がダントツです。

    ワンコの状況を詳しく解説してくれるサイトはたくさんあります。
    ラッキーの実家のPERROも、それぞれのワンコたちが辿ってきた歴史や性格、長所や問題点など、きめ細やかに解説されていました。
    客観的な説明だけではなく、預かっている人がどう感じたか、どんなところがカワイイか、どんなところがタイヘンかなど、ぐっと踏み込んだ表現もありました。
    例えば、ラッキーについては、↓こんなようなことが書いてありました。

    室内から出たことがないため、それ以外の世界を見たことがありませんでした。
    センターから引き出し直後は1歩屋外に出ると恐怖でガタガタと体を震わせていました。
    たいへんな甘えっ子です。とろけるような表情で人に体をすり寄せてきます。
    人の一挙手一投足に敏感に反応し、喜怒哀楽がはっきりと表情にあらわれます。
    一緒に暮らすと、この子の純でナイーブな愛情表現にたちまち惹きつけられます。

    このペロにいるときのラッキーの情報は、今でも見ることができます。
    http://www.perro-dogshome.com/room/105.html

    さらに、実際に一時預かりをしている仮親さんがブログで日々の様子をレポートしてくれています。
    こうした情報は、私たちに、とても大きな安心感を与えてくれました。
    とくにブログは、里親予備軍の人の気持ちを動かす強い力になると思います。
     (ここのリンク先にもある保護ハハさんたちのブログ(「笑顔を見せて
       「しあわせの種」「あかるい未来」etc)なんて、ワンコのこともよく分かり、
         オモシロくて、感動もできて、勉強にもなり、最高です)

    もちろんどの団体にも、すばらしい理念があり、献身的な活動があるということは分かるのですが、それが、こういう形で里親希望者に伝わっていくと、もっともっとたくさんの出会いが成立するような気がします。
    せっかく一生懸命に活動していても、残念ながら、ワンコの情報があまりにも少な過ぎるサイトも少なからず見受けられました。
    もちろん、そうした所は、ネットよりも実際の譲渡会などに力を入れているのかもしれませんけれどね。

    ああ、いつのまにかダラダラと長くなってしまったので、またこんど…です。

    CATEGORY : 里親募集サイト
    THEME : 里親探し
    GENRE : ペット
    COMMENT (6)  TRACKBACK (0) 

    里親募集ボランティアの人たち

    2009.05.14 *Thu
    090514.jpg

    ラッキーが我が家に来て、今日でちょうど2ヶ月。

    前の日記にも書きましたが、去年の暮れ頃から、家族となるワンコを探すために、譲渡会に行ったり、里親募集のホームページを見たりするうちに、いろいろなことを考えさせられました。

    まず、捨てられている犬たちの現状。
    かわいそうな写真やひどい動画をたくさん見ました。
    同じ人間として、ただただ申し訳ないという気持ちでいっぱいになりました。

    保健所で死を待つ犬たち。人間に裏切られ、捨てられても、人間が近づくとシッポを振って愛嬌を振りまいていた、あの子たちは今ごろどうしているの…。
    とてもとても落ち込みました。

    それでも、ボランティアの人たちの活動を見て勇気付けられ、たった1頭だけかもしれないけど、大切な命を養いたいと思いつつ、ある団体の譲渡会に行きました。
    そこで、私たちは次のような条件を説明しました。

     ・将来マンションに住むことも視野に入れると小型犬にしたい。
     ・家族として長く暮らしたいから、できるだけ若い子がいい。
     ・初心者なので、できるだけ飼いやすい元気な子がいい。

    帰ってきた答えは、「ここにいるのはみんな捨てられた犬ばかりで、そんな条件の良い子はいません。ここはペットショップじゃないんですから」と、ちょっとキツメに言われてしまいました。
    生涯、責任をもって暮らしたいからこそ、いろいろとこちらの要望を言ってしまったのですが、ちょっと誤解されてしまった感じでした。

    またまた落ち込みました。
    ただ、犬が好きだから、カワイイ犬と楽しく暮らしたいから…そんな甘い考えではダメなんじゃないか、自分たちに犬を飼う資格なんてないんじゃないか…って。

    ボランティアの人たちの真剣さや情熱には、頭が下がります。何も文句を言える立場にありません。
    ただ、その情熱が犬に対する愛情としてよりも、人間に対する裁きや批判のほうが強くなり、前面に出てきてしまうと、正直言ってちょっと弾き飛ばされてしまいそうに感じたのも事実です。

    (私たちが交流をもったほとんどの団体が、そうではありませんでした。また、上記の団体も、私たちの聞き方が悪かったか、あるいは譲渡会の現場で、忙しかったから、あるいは、その人がたまたま何か機嫌が悪かったというだけのことかもしれません)

    その一方で、実際に里親になって、ワンコたちとの日々を楽しくつづったブログ(たとえば「Chiroの足あと♪」)を読んでいくうちに、また気持ちが明るくなり、希望が出てきました。

    こういうこと(ブログなど)だったら、子供を3人育てながらでもできると思ったのです。
    少なくとも1ワンなら、家族として一生ずっと責任をもって愛することができるという自信はありましたから。

    それからまた「新しい家族探し」の日々に…。

    (つづく…)

    CATEGORY : 里親募集サイト
    THEME : 里親探し
    GENRE : ペット
    COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

    ラッキーとの出会い その4

    2009.05.11 *Mon
    0511.jpg
    (-_-)_zzz.。o○

    <「ラッキーとの出会い その3」からの続き>

    ・・・というわけで、ラッキー with PERROとのお見合いはなんとか無事に終了。

    見事合格…といっても、ダメと言われなかっただけですけどね。
    とりあえず翌日から1週間のトライアルということになりました。

    ところで名前。その時点でまだハッキリとは決まってなかった。

    パパは、「タロ」のままでいいんじゃないの。
    長男は、「イヌ」とか「ケン(犬?)」とか…。

    ケンは、パパも賛成しかかったけど、3男が反対。だって呼び方が同じケンになるからね。

    「ラッキー」はママ案。ありきたりでつまんない…ということで子供たちは反対。

    いろいろあっても、いつもどおり「天のお告げがあったの!」という、神がかりな発言で、結局ラッキーでキマリ。カミサマには誰も逆らえません。

    そのココロは、「殺処分一歩手前で命が救われてラッキーだったから」というのではなく、「私たちにとって君と出会えたのがとてもラッキーだったから」という意味。

    一度、他の家にトライアルに行き、ほんとはそれで決まってしまうに違いないとってもカワイイ子なのに、そこで思いっきり甘えてくれたおかげでキャンセルになり、ウチに来てくれたんだから、ここではベッタリドロドロ死ぬほど甘えておくれ、ラッキー!

    というわけで3月14日。我が家の4男として、幸運の王子様がやって来たのでした。

    CATEGORY : ラッキーな出会い
    THEME : 里親探し
    GENRE : ペット
    COMMENT (8)  TRACKBACK (0) 

    ラッキーとの出会い その3

    2009.05.08 *Fri
    レインパーカー
    レインパーカー、ちょっと短かいんでつけど…

    <「ラッキーとの出会い その1&その2」からの続き>

    「お見合い、明日はどうですか? 突然ですけど…」というPERROからの電話。
    もちろん、今からでもいいですけど…ってな勢いで、パパママ雁首そろえてお見合いに行くことにしました。

    このお見合い、まずはお互いの相性を見るのだと思うけど、私たちとしてはもう勝手にこの子を我が子と決めていたので、とにかくこちらが気に入ってもらえるかどうかが勝負。

    それで、いつになくオサレな服を着て、里パパはちゃんとヒゲを剃り(いつもは自宅で仕事だから伸ばし放題)、里ママはバッチリ若作り的お化粧、とにかくどうやったらイイヒトに思われるか、ちょっとだけ緊張モード。

    ただ、それはPERROのスタッフに対してであり、ワンコにはなぜか何の疑いもなく、絶対に好かれると信じていました。

    里親初体験のコチラ側から見ると、こういうボランティアの人たちは、何よりもワンコの幸せを第一に考えていて、ヒトを見る目がちょっとキビシイんだろうなあ…というような先入観があったのです。

    お見合いの場所は、仮親さん宅の近くの公園。
    初めて会ったラッキー(当時はタロ)は、思ったとおり、いや想像以上に、いや世界一、カワイかった!(この時点で既に超親バカ入ってます…)

    ラッキーは私たちを警戒するわけでもなく、おとなしくじっと抱っこされてました。
    しばらくすると少しふるえ出したので、「あれ、寒いんですかね?」と聞くと、「この子がふるえるのは、怖い時だけでした」と…。
    ぐさっとへコンでしまった里パパ。
    仮にそうだとしても、「今日は風が強いですからね」とか、もちっとソフトな言い方をしてくれたって…。

    「普通の犬と違って異常に怖がりますから」と、多少はフォローしてくれましたけどね。

    なにはともあれ、「ああ、このまま一緒に連れて帰れたらなあ…」と思った二人でありました。
    CATEGORY : ラッキーな出会い
    THEME : 里親探し
    GENRE : ペット
    COMMENT (8)  TRACKBACK (0) 

    ラッキーとの出会い その2

    2009.05.07 *Thu
    出会い2
    毎朝の散歩コースの森・リード持ちがママだと俄然ひっぱりモードになるラッキー

    <「ラッキーとの出会い その1」からの続き>

    心待ちにしていたマルチーズがダメになり、悲しみに暮れているころ、PERROのホームページを見ると、ラッキー(当時はタロ)のトライアルがはずれ、また募集中になっていました。

    すぐに再募集のメールを送ると、次のような返信が…。

    「タロ(ラッキーの元の名前)は、トライアル先の家族には慣れていたのですが、いつもお母さんの後をついて回るので、踏んでしまいそうで家事もできないと、返されてしまいました」

    そんなに親を慕ってついてまわるタロがいじらしくて、私たちは、すぐにでも家族として迎えたいと希望しました。

    ところが、トライアルから帰ってきたタロはぐったりしていて1日中寝てばっかり。落ち着くまでに時間がかかるということでした。

    それだったら、より一層ウチで癒してあげたいとゴーマンな思いも出てきましたが、とにかくまた「オアヅケ」状態で、連絡を待つしかないということになりました。

    その約1週間後、トライアルの前に、1度お見合いをして欲しいという電話がありました。
    「それなら明日にでも」と言うと、一時預かりの家から脱走したワンコの捜索でなかなか時間がとれないという話。

    なんでそうなるの…と、またガッカリモードになりそうにだったけど、でも、そうしてワンコたちに責任を持とうとするPERROのスタンスに脱帽の気持ちもあり、ぐっとはやる気持ちを抑え、またまたガマンの日々。

    さらに1週間が経ったころ、「お見合い、明日はどうですか?」という電話が…

    CATEGORY : ラッキーな出会い
    THEME : 里親探し
    GENRE : ペット
    COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

    ラッキーとの出会い その1

    2009.05.02 *Sat
    090502-1.jpg
     縁側でまったりと…

    家族一同、去年の暮れからワンコと一緒に暮らしたいという気持ちを抑えることができなくなり、新しい家族を探していました。

    ペットショップの子犬を見ると、あんまりかわいそうで、そのまま連れて帰りたくもなりました。
    でも、そうすることが、こういうビジネスを肯定するということにもなってしまうと思い、踏みとどまっていました。

    動物と人との縁をつなぎ、その結果として収益を得るということ自体は悪いことだとは思いません。
    ただ、その一連のプロセスの中に「動物虐待」が含まれてしまうということであれば、なんとも複雑な気持ちになってしまいます。

    結局、我が家では、里親募集のボランティア団体から譲渡を受けようということで意見がまとまり、ホームページをあれこれ探しました。

    その時に探したサイトは↓こんな感じです。

    ペロドッグズホーム

    NPO法人 しっぽのなかま

    CATNAP小さな命を救うネットワーク

    NPO法人 日本動物生命尊重の会

    CAJA成犬譲渡の会

    ↑これらは、みな飼育放棄されたようなワンコやニャンコたちを救出し、里親を探してくれるボランティア団体です。
    それぞれのスタンスの違いはよく分かりませんが、どこも一生懸命に活動しているように思いました。
    このほかに、それぞれの団体や個人が自由に情報を掲載できるサイトが↓です。

    いつでも里親募集中

    ↑ここは、いろんな人が情報を寄せるので、更新が早く、とても役に立ちました。

    ラッキーは、最初にコンタクトをとったPERROドッグズホームから譲渡を受けました。
    ただ、こちらが里親に立候補した時、ラッキー(当時はタロ)は別の希望者の所でトライアル中だったのです。
    それでペロからは、「もし今のトライアルが失敗した場合には連絡します」という電話がありました。

    私たちは、トライアルの失敗を願うという立場に立たされましたが、ワンコのためにも、自分の精神衛生上も、どうもやりきれなかったので、ラッキーのことは一旦あきらめて、別の出会いを求めたのです。

    そして、ついに別のワンコがウチに来ることが決まったのでした。
    その子は、3歳になったばかりのマルチーズの男の子。「ところざわ犬猫支援の会」という所で里親募集をしていたワンコで、捨てられたのではなく、飼い主がどうしても飼い続けることができなくなったということでした。

    会の方針らしく、去勢してからの引渡しということになっていて、しばらく「マテ、オアズケ」状態で、半月ほどが過ぎました。
    マルチーズ専門の本を買ったり、ワンコの場所を考えたり…私たちは譲渡の日が来るのを今か今かと首を長くして待ちました。

    ところが、心待ちにしていた私たちに来た連絡は、あまりに悲しい内容でした。
    去勢手術の時、悪性の腫瘍が見つかったらしく、もうあまり長くは生きられないということだったのです。
    それで、飼い主の方が最後まで看取りたいということになりました。
    「それでも飼うかどうか…」と私たちが悩む間もなく、それは決定されていました。

    もし譲渡を受けた後でそうした病気が発覚したとしたら、私たちはどんな気持ちになったのだろう。
    最後まで、家族として愛し、看取ることができただろうか…。
    そんな気持ちがぐるぐると駆け巡りました。

    その子は、なぜか今も「募集キャンセル」としてホームページに載っています。
    http://www.h5.dion.ne.jp/~toshiml5/satooya-past09k.html#dog

    悲しみに暮れているところに、PERROから連絡があったのでした。
    CATEGORY : ラッキーな出会い
    THEME : 里親探し
    GENRE : ペット
    COMMENT (6)  TRACKBACK (0) 

    プロフィール

    ラッキーマパ

    Author:ラッキーマパ
    ラッキー命なママと、ママ命なパパと、食いもん命な♂4(ヒト3+イヌ1)









    カレンダー

    04 | 2009/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -







    ブログ内検索



    フリーエリア



    Welcome



    Copyright © ビビリッ子・ラッキー里親日記 All Rights Reserved.
    テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。