03
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    19
    20
    24
    25
    27
    28
    30
    31
    << >>

    This Archive : 2009年03月

    スポンサーサイト

    --.--.-- *--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ラッキー お気に入りの場所

    2009.03.29 *Sun
    眠い1

    里パパの仕事机の隣。縁側の見える窓際は、ラッキーのお気に入りの場所。

    眠い2

    晴れた日は、ポカポカ暖かくて、すぐウトウトしてしまうラッキー…。

    眠い3

    「ちょっと寝るから、今のうち仕事を片付けておいてね。起きたら また遊ぼうね パパ!」

    眠い4

    スポンサーサイト
    COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

    ケーブルバラバラ事件?

    2009.03.26 *Thu
    「最初の1ヶ月ぐらいは、この子を独りにしないでください」…ラッキーを連れて来てくれたPERROのスタッフの人は、そう言ってました。
    我が家は、自宅で小さな会社をやっているので、たいていは誰かが家にいます。
    留守になることはめったにありません。
    家族はみんなわんこが大好きだし、ラッキーにはぴったりだと、自信をもって里親に立候補しました。

    ところが3月24日、里パパの北海道取材(1泊)の日、里ママも3男の卒業式(小学校)に参加することになり、どうしても3~4時間ぐらい家を空けることになりました。
    幸い、中学校を卒業した2男が家にいてくれることになったので、少し安心して出かけました。

    ケーブル破壊1
    ケーブルバラバラ事件?

    2男とラッキーだけの数時間。
    最初は、里パパ・ママを探してクンクンいっていたけど、抱いたり、食べさせたりしてフォローしたら、少し落ち着いたようです。
    ところが2男がトイレに行くとき、リビングのドアを閉めていったら…。
    トイレ(大)が長い(本を読みふけったりする)のでいつも不評を買う2男。
    このときは、それなりに急いだらしいんだけど、それでもラッキーは、いつも一緒だった里パパorママがいないせいか、ドアを閉められただけでパニックになったようです。

    ケーブル破壊3
    「ボク、ただドアを開けたかっただけなんだけど・・・」

    ドアの下に這わせてあったケーブルカバーが剥がされ、さらにその中のLANケーブルが噛み千切られていました。
    ラッキーにしてみれば、おそらくドアを開けようと必死で掘ったんだろうね。
    ああ、LANケーブルで良かった。これが電源コードだったらと思うと、ぞっとします。

    ケーブル破壊2
    「誰もいなくなって寂しかったんだもん」

    最初の飼育放棄に始まり、保護センター、一時預かりの仮里親、トライアル失敗、別の仮里親、そして我が家と、1歳になるまでの短い期間に、何度も飼い主が変わり、タイヘンな思いをしてきたラッキー。

    「自分はいつも捨てられる」と、そう思っているのかもしれないです。
    仮里親には、とっても可愛がられたようですが、それだけに、別れの時の寂しさもより一層深いのかも…。
    トライアル失敗で仮里親のもとに帰ったときは、しばらくの間ずっと寝てばっかりだったそうだしね。

    ちょっとぐらい独りになっても、みんなすぐに戻ってくるんだよということを、家族とはそういうもんだということを、これからラッキーに思いっきり伝えてあげたい!

    びっくりさせてゴメンね、ラッキー。
    COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

    ラッキー正式譲渡決定

    2009.03.23 *Mon
    ラッキーが我が家に来てから1週間とちょっと。
    PERROから電話があり、はれて正式譲渡ということになりました。

    ラッキー正式譲渡1

    ラッキーが来たその日から里ハハは「ウチの子は絶対にもう誰にも渡さない」って言ってたけど、でもやっぱり「ホントの親子」として認められたみたいで嬉しいです。

    ベロベロ舐めまわしたり、前足(手?)で遊びを誘ったり、「抱っこ」を要求したり、嬉しいときはピョンピョン飛び跳ねたりと、家族にはすっかり慣れて、自分を出せるようになりました。

    ただ、物音には今なおとても敏感に反応します。
    どんなに深く寝ていても、ちょっと音がしただけでもビクッと飛び起きてしまう。
    よほど怖い思いをしてきたんだろうね、ラッキー。

    でも「だいじょうぶだよ、ラッキー」と話しかけ撫でてあげると、安心したようにすぐ眼を閉じてくれるようになりました。

    ラッキー正式譲渡2

    ラッキーは、多頭密集飼育の末に放棄された15頭のうちの1頭。
    PERROにもラッキーとそっくりなお姉ちゃんが1頭いて現在交渉中となっています。

    一緒に保護された15頭の兄弟姉妹たちが、みんな優しい家族と暮らせますように。

    COMMENT (10)  TRACKBACK (0) 

    みかんを検品?

    2009.03.22 *Sun
    静岡の友人からみかんが届いた。
    さっそく検品?するラッキー。

    みかん1
    「これナニ?」

    みかん2
    「生きてるの?」

    みかん3
    「とりあえず、コレもらっとくね」
    CATEGORY : ラッキーな日々
    THEME : 犬との生活
    GENRE : ペット
    COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

    ドッグラン2(リベンジ?)

    2009.03.21 *Sat
    ドッグラン2回目1

    今日は天気が良かったので2度目のドッグランにチャレンジ。
    先回はビビリまくって、ドッグランどころか、ほとんどドッグフリーズ状態だったけど、
    今回はたくさんの犬たちと仲良く遊ぶことができた。

    ドッグラン2回目2

    ドッグラン2回目3

    ボール取り競争にも横から割り込んで、ちゃっかりゲット。得意顔のラッキー。

    車も、前はかわいそうなほど震えが止まらなかったのに、
    今日は自分から乗り込むほど、すっかり慣れてきた。

    「家族が一緒にいれば、何も怖いことなんかないんだよ」ってことがちゃんと伝わっているんだと思う。
    CATEGORY : ラッキーな日々
    THEME : 犬との生活
    GENRE : ペット
    COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

    398円のオモチャがたった1日で…

    2009.03.18 *Wed
    ラッキー5日目1

    ラッキーは音の出るオモチャが大好き。

    \100均で買ったボールは、ひたすら弄ばれ噛み砕かれて、数時間で音がならなくなってしまった。

    「やっぱ\100均はすぐ壊れるんだねえ」と言いながら、今度はペットショップでかなり頑丈そうなゴムのボールを買ってみた。

    \100均のはボールの中に音の出る笛のようなものが入れてあって、それが壊れてしまったけれど、今度はゴム自体が音が出るようになっているのでバッチリ!だと思っていたら…。

    ラッキーは、そのゴムもしっかり噛み千切ってくれました。「どう、ボクの歯はこんなに強いよ!」って。

    結局、398円も1日しかもたなかったぞラッキー。

    トホホ。この先、どうなることやら…。

    ラッキー5日目2

    CATEGORY : ラッキーな日々
    THEME : 犬との生活
    GENRE : ペット
    COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

    もう、どうにでもしてえ!

    2009.03.17 *Tue
    ラッキー4日目

    ラッキー4日目。ビビリッ子ラッキーも、家族にはもうずいぶん慣れたね。

    安心しきった表情で寝ているのを見ると、里パパ・里ママはたまらなく幸せを感じるんだよ。

    ラッキー4日目
    CATEGORY : ラッキーな日々
    THEME : 犬との生活
    GENRE : ペット
    COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

    ドッグラン・デビュー…?

    2009.03.16 *Mon
    ドッグランデビュー
    ドッグランデビュー
    ラッキーが来て3日目。
    もう完全に家族の一員という感じで、子供たちともオモチャのボールを取り合って遊んでる。

    トイレもばっちり。吼えることもなく、咬むこともない。えらいぞラッキー!

    一応、一週間はトライアルということだけど、「なんだ、ぜんぜん問題ないね、すっごい良い子じゃん! 名犬ラッキーだ!」と、夫婦はすっかり安心モード。

    と、ところが…。

    「もう大丈夫だから、今日はドッグランに連れて行ってみよう!」ということになり、いざ車に乗ろうとしたら、これが激しく抵抗。

    里ママが抱っこして無理やり乗せて走り出すと、ものすごく震えて、心臓バクバク。
    それでも約10分間、話しかけたりごまかしたりしながら、なんとか到着。

    「よくガマンしたねえ、そら思いっきり走り回っておいで!」と、リードを外して送り出した…ら、「あれ?」 なんとラッキーは固まったまま動かない。

    同じぐらいの大きさのイヌが「遊ぼう!」って感じで近づいてきても、すぐに里パパや里ママの後ろに隠れて逃げてしまう。

    子犬専用のエリアに移ると、やっと少し走ってくれました。
    だけど他の子が近づくと、すぐに安全基地(里ママ)に避難。
    相手は自分より小さな子たちなのに…。

    それでも家に戻ると元気に走り回り、子供と激しいボールの取り合いになり、「さっきのビビリはなんだったの」モード。

    やっぱりまだ早かったのかも知れない。ゴメンねラッキー。
    生まれてから10ヶ月間もひどい環境に放置されたラッキーの心の傷は、どうも想像以上に深いようだ。

    でも、もう大丈夫だからね、安心してね。
    CATEGORY : ラッキーな日々
    THEME : 犬との生活
    GENRE : ペット
    COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

    ラッキー2日目

    2009.03.15 *Sun
    ラッキーと里ママ
    初めての夜、ラッキーは里ママの布団の上を寝床だと決めたらしく、そこで朝までぐっすり眠りました。

    写真は”母子”でお昼寝をしているところ。
    ずいぶん、慣れてきました。

    遊ぶときはパパ、寝るときはママ、散歩はパパ、下の世話系はママ…というような使い分けができている感じです。

    CATEGORY : ラッキーな日々
    THEME : 犬との生活
    GENRE : ペット
    COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

    ラッキーがやってきた

    2009.03.14 *Sat
    ラッキー
    ウチの新しい家族・ラッキー(1歳)。
    多頭密集飼育の末に放棄されたイヌ10数頭のうちの1頭。
    「Perro Dogs Home」によって、動物愛護相談センターから保護されました。

    保護されるまでの約10ヶ月間、室内から出たことがなく、また人間に可愛がられることもなかったため、とても臆病なビビリッ子です。

    それでもウチに来た時には、Perroのスタッフや仮里親の人たちのおかげで、人間にも慣れ、かなり落ち着きを取り戻していました。

    この子が人間に対する信頼を取り戻してくれるように、楽しく暮らして生きたいと思います。

    ラッキーを連れてきてくれたPerroの人たちには、ほんとに頭が下がります。
    捨てられたイヌを助けて、病気を治して、キレイにして、可愛がって、しつけて、里親を探して、最後、お届けの時は、イヌが寂しがらないように、早く里親になつくように、別れの挨拶もせずに、いつの間にかそっといなくなりました。交通費や医療費以外は完全にボランティアです。

    捨てるヤツもいれば、助けるヒトもいる。人間て、イロイロですね。

    ↓「Perro Dogs Home」のラッキーのページです。
    http://www.perro-dogshome.com/room/105.html
    CATEGORY : ラッキーな出会い
    THEME : 里親探し
    GENRE : ペット
    COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

    プロフィール

    ラッキーマパ

    Author:ラッキーマパ
    ラッキー命なママと、ママ命なパパと、食いもん命な♂4(ヒト3+イヌ1)









    カレンダー

    02 | 2009/03 | 04
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -







    ブログ内検索



    フリーエリア



    Welcome



    Copyright © ビビリッ子・ラッキー里親日記 All Rights Reserved.
    テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。